• 高齢者住宅.comとは
  • コンサルティングメニュー
  • お客さまの声
  • セミナー情報
  • お役立ちコンテンツ
  • 経営ノウハウ発信ブログ
ホーム > 経営ノウハウ発信ブログ > お客様アンケートを集客に繋げるための3つのポイント

経営ノウハウ発信ブログ

←ブログ一覧へ戻る

お客様アンケートを集客に繋げるための3つのポイント

2014年07月26日 空室対策

介護サービスを経営されていると、訪れた利用者様やご家族、ケアマネジャー様にアンケートを書いて頂く機会があると思います。

しかし、実際にお書きいただいたアンケートをマーケティングに活動できていますでしょうか?

実際にお書きいただいたアンケートは、実はマーケティングの強い味方になります。

 

最近は口コミの時代です。ある程度有名な商品であれば、インターネットでちょっと調べれば、すぐに大量の口コミを見ることができます。

 

消費者は口コミ=客観的な商品の評価に飢えています。でも、ステルスマーケティングなんて言葉が流行る時代です。お客様の声を広告に載せても信じてもらえるかなぁ…そんな不安もあるかと思います。

 

今回はその中でも具体的で今すぐ活用できる、ポイントをご紹介します。

 

ポイント1.手書きアンケートの画像抽出

業界的にお客さまの声を掲載しずらいのがネックですが、やりようによっては上手く成果につなげる事が出来ます。

そこで活躍するのが手書きアンケートの画像抽出です。実際にお書きいただいたアンケートをスキャンし、その画像データをそのまま広告に掲載するのです。そうすると、よくある怪しげな「お客様の声」から「同じ利用者目線の感想」に早変わりします。

 

現実の声を載せることで、事業所の信頼度は大幅にアップします。アンケートを採る際には、是非、こういったことに活用していきたいですね。

 

さて、このアンケートをホームページや広告に載せるところまでで80点、もう20点を加算するための方法をお教えします。

 

 

ポイント2.アンケート内容と広告目的を一致させる

広告には、必ずゴールを設定します。介護施設の場合ですと、ケアマネさんにも利用者さんにも、見学に来てもらいたいというのがおそらく一番でしょう。そんな場合、見学に行きたくなるようなポイントを掲載すれば良いのです。

例)
・ランチが自慢・試食もしていただけるという場合
⇒試食したご飯がおいしかったという意見をピックアップ

・レクが自慢の場合
⇒職員さんのリードが面白かった・良かったとい意見をピックアップ

この際、「リハビリ機器が多くて良かった」とか、客観的な事実を述べているものではなく「美味しかった」「楽しかった」という主観的な要素にするのが重要です。客観的なものは、説明すれば伝わります。説明では伝えきれないものをアンケートで代わりに伝えていただくのです。

2.アンケートにアンダーラインとコメントを書き加える
上の目的に合った、強調したい部分に赤のアンダーラインを引き、お礼と一言コメントを書きましょう。いやらしくない感じで、読み手に伝えたいことを強調できます。

 

 

チラシやホームページなどで効果的に活用する

反対に、地域によって手書きチラシを配布している競合があれば、写真や構図などデザインにこだわったチラシを作ることで、却って差別化されるということもあります。もちろん、周辺に手書きのチラシを配布している競合がなければ手書きのチラシを作って、差別化を図るといった具合です。要は、チラシひとつ、宣伝ひとつとっても、競合が行っていないことに積極的に取り組むことが重要なのです。これが相対的な項目になります。

 

ちなみに、介護施設で手書きチラシって、私はまだ個人的に見たことはありません。基本に忠実に作成しつつ、手が詰まったときはこういう方法もあるんですね。

 

ちなみに、絶対的に盛り込むべき項目というのは、以下のような項目になります。

 

・顧客の声を入れる(手書きのアンケートなんかがあればベスト)

・職員の顔写真を入れる(こだわってこだわって、ベストの構図を!)

・見た人のゴールを設定する(お試し利用・見学会等)

・証拠・実績を入れる(数値や写真等、視覚化されたものが効果的です)

・他施設との違いを入れる(「誰のために」「どんなサービス」を)

 

これらは、最低限盛り込むべき項目であり、またチラシに限らず様々な営業ツールにも必要となってきます。

 

 

  

いかがでしたでしょうか?
足りないもの、出来ていないことはありませんでしたか? もしあったら、これを機会に一度ツール類の見直しをされることをお勧めします。

<執筆者:齋藤 直路>

  • 具体的な内容がお決まりの方はお問い合わせ
  • まずは資料で検討したいという方は資料請求

カテゴリ

  • WEBからのお問い合わせ
  • まずは資料請求
  • 介護セミナースケジュール
  • 介護経営戦略室
  • デイ経営ドットコム
  • 介護人財ドットコム

ページの先頭へ戻る