• 高齢者住宅.comとは
  • コンサルティングメニュー
  • お客さまの声
  • セミナー情報
  • お役立ちコンテンツ
  • 経営ノウハウ発信ブログ
ホーム > 経営ノウハウ発信ブログ > ホームページのキホン 〜検索できるホームページになっているかチェックする〜

経営ノウハウ発信ブログ

←ブログ一覧へ戻る

ホームページのキホン 〜検索できるホームページになっているかチェックする〜

2014年07月28日 サービス充実

検索できるホームページになっているかチェックする

集客はもちろん重要ですが広告のコストがあまりに大きかったら意味がありません。
新聞広告をバンバン打ち、オリコミチラシを毎週のように入れているようでは、
いくら集客できたとしても、収益にはつながりません。
特に高齢者住宅の販促活動は、ローコストで実施することが重要です。

 

ここからは、
その有効な手段の一つであるホームページの作り方をご紹介しましょう。

 

まず、ページの内容(コンテンツ)の説明に入る前に
チェックしていただきたいことがあります。
読者の方のほとんどは、施設のホームページを持っていると思いますが、
「エリア名」×「老人ホーム」などのキーワードで
YAHOO、Googleなどで検索をしたとき、
1〜2ページ目に表示されているでしょうか?
これができていないにも関わらず
「うちはホームページをやっているけど全然効果がない」などと
言っている施設が結構多いのです。
これでは効果が出るはずはありません。
そもそも見られていないのですから。

 

ある東海地方の施設では、
「エリア名」×「高齢者住宅」などのキーワードでは
20ページくらい開いても発見できませんでした。
企業名はおろか、施設名でも表示されません。

 

しかし、業者に高いお金を払って製作したページです。
これでは金をドブに捨てているようなものです。
調べてみると、
検索エンジンで上位表示されるような工夫(SEO対策)が全くされていない。
これが問題でした。

 

いろいろと改善をした結果、すぐにトップ表示されるようになり、
翌月からは3〜5組のペースで見学に来るようになりました。
中身を大きく変えなくても、こんな成功例はいくらでもあるのです。

 

SEO対策にはいろいろあります。
最近主流なのは、
サイト全体に占めるキーワードの割合を約5%に設定する方法や、
良質な被リンクを増加させることです。
これらは、1つや2つ試しても効果がない場合もありますが、
そもそもSEO対策をしているかをチェックする方法を2つお教えします。

 

  • YAHOOビジネスエクスプレスに登録する
  • タグを改善する

 

こんな話をすると
「俺はネットは苦手だから」という声が聞こえてきそうですが、
いまからお伝えすることはとても簡単です。

 

例えば「タグ(YAHOOなどはこれを頼りにページを探している)が適当かどうかの確認の仕方です。
施設のページをインターネットエクスプローラーなどで開き、
メニューから「表示」⇒「ソース」とクリックしてみてください。
中に「keyword」などの文字が見つかるはずですが、
その行にどんな言葉が入っているでしょうか?
「エリア名」や「高齢者住宅」「老人ホーム」など、
高齢者住宅を探している方が
検索エンジンで入力しそうなキーワードは入っていますか?
(サービス付き高齢者向け住宅という施設業態は
一般の方にはまだ普及していないので、
老人ホームなどの一般名称を入れておくべきです)

 

施設名と会社名しか入っていないという場合や
「マンション」などトンチンカンな言葉が入っている場合も結構あります。
業界のことをまったく知らない業者任せにしたツケです。

 

補足しておきますが、施設経営者は、
ホームページの作り方までは知る必要はありませんが、
せめて業者に「SEO対策をして欲しい」とか
「●●というキーワードで検索できるようにして欲しい」というように
具体的な依頼ができるようになってください。
それが満室経営の近道です。

  • 具体的な内容がお決まりの方はお問い合わせ
  • まずは資料で検討したいという方は資料請求

カテゴリ

  • WEBからのお問い合わせ
  • まずは資料請求
  • 介護セミナースケジュール
  • 介護経営戦略室
  • デイ経営ドットコム
  • 介護人財ドットコム

ページの先頭へ戻る