• 高齢者住宅.comとは
  • コンサルティングメニュー
  • お客さまの声
  • セミナー情報
  • お役立ちコンテンツ
  • 経営ノウハウ発信ブログ
ホーム > 経営ノウハウ発信ブログ > ホームページのキホン 〜閲覧のGOALを設定する〜

経営ノウハウ発信ブログ

←ブログ一覧へ戻る

ホームページのキホン 〜閲覧のGOALを設定する〜

2014年07月28日 サービス充実

閲覧のGOALを設定する

“10の落とし穴”を回避し、閲覧者の心に響くコンテンツを準備しました。
これまでの前提を踏まえた上で、閲覧を入居に結びつけるために
最も大事なことをお伝えします。

 

それはGOALを設定する」することです。

 

こうしたマーケティングサイト全般に言えることですが、
そのページを見たときに、最終的に閲覧者(お客様)にどうして欲しいのかが
さっぱりわからないページは、成果が出づらいページと言えます。
まずは問い合わせをして欲しいのか、
資料請求をして欲しいのか、
体験をして欲しいのかを明確にし、
その“GOAL”にたどり着くための導線を、ページ上で作らなくてはなりません。

 

1.敷居を低く
閲覧者のホームに対する気持ちがまだ熱しきっていないところに、
即入居を求めても、引いてしまうだけです。
最初の敷居を低くしなくてはなりません。
かといって、資料請求だけというのも、インパクトに欠けます。
+αを仕掛けてください。

 

2.連絡方法をシンプルに
個人情報を入力する画面が、かなり複雑なサイトをたまに見かけます。
見込み客に関する情報を、1度にたくさん獲得したいという
気持ちはわかりますが、それでは確実に客は逃げてしまいます。

 

3.どのページからも入れるように
一部のページからしかGOALにたどり着かないようではいけません。
全ページにバナーなどをつくりましょう。
グローバルナビゲーションに入れるのも手です。

 

4.GOALは、ニーズごとに
欲張って、たくさんのGOALを設けるのはいいのですが
「1ニーズ1GOAL」が基本です。
例えば、次ページのようなものです。

 

5.次のステップを用意する
前述の例から言えば、小冊子を請求した方には、見学会を。
見学会参加者には「お試しステイ」をオススメするという具合に、
次のステップを用意して、
確実に入居に向けて前進していただく仕掛けが不可欠です。

 

1ニーズ1GOALの例

 

状況ニーズサイト上のGOAL
ホームを探し始めたばかり まだ、特定のホームと対面したくないが、情報は欲しい 「賢い高齢者住宅の選び方」小冊子
いくつかに絞って検討している 具体的に知りたいが、個人的な見学は躊躇 説明会、見学会、野菜直売会などの地域集客イベント
ホーム選び最終
段階
条件が合えば、入居を決定 無料お試しステイプラン

 

1度仕組みが出来てしまえば、自動的に入居者は増えていきます。
見込み客が階段を1段1段上がることをイメージして、
サイトのGOALを構築してください。

高齢者住宅.comでは、
集客や採用にとって最も効果的なホームページの作成をお手伝いいたします。
ホームページの立ち上げやリニューアルをご検討の際は、
是非、お気軽にお問い合わせください。

  • 具体的な内容がお決まりの方はお問い合わせ
  • まずは資料で検討したいという方は資料請求

カテゴリ

  • WEBからのお問い合わせ
  • まずは資料請求
  • 介護セミナースケジュール
  • 介護経営戦略室
  • デイ経営ドットコム
  • 介護人財ドットコム

ページの先頭へ戻る