• 高齢者住宅.comとは
  • コンサルティングメニュー
  • お客さまの声
  • セミナー情報
  • お役立ちコンテンツ
  • 経営ノウハウ発信ブログ
ホーム > 経営ノウハウ発信ブログ > これで決まる!空室対策! 〜うまらない部屋のプロモーション〜

経営ノウハウ発信ブログ

←ブログ一覧へ戻る

これで決まる!空室対策! 〜うまらない部屋のプロモーション〜

2014年07月28日 空室対策

うまらない部屋のプロモーション

これまでお伝えした手法で、部屋がだんだんと埋まってきました。
館内がにぎわってくると、見学客、体験客も「早くしないと」と焦り出し、
契約までのスパンが短くなってきます。
ここからは早いでしょう。

 

しかし、大抵の施設では“どうしてもうまらない部屋”が出てきます。
北向きの部屋などがその典型です。
基本的に、間取りの良いお部屋や
日当たりのよい部屋が先にうまっていきますから、
こうした部屋は最後まで残ります。
そのままですと「売れ残り」というイメージができてしまい、
いつまでも入居者が決まらないということにもなりかねません。
早い段階から手を打っておいた方がよさそうです。

 

そこで、デメリットをメリットに変える
簡単な販促テクニックを一つお教えしましょう。

 

ここで質問です。
入居の際に、部屋についていないと困るものは何でしょうか?
入居者に質問すると、おおよそ次の3つがあがります。
「①エアコン」「②カーテン」「③照明」です。

 

特に、照明とカーテンはなくては、生活をはじめることができません。
しかし、お部屋に合った照明や、サイズがぴったりのカーテンを探すのは、
高齢者にとっては一苦労。
若い方と同じようにはいかないのです。

 

そうした背景をうけて、ある施設では、
どうしても埋まらない北側の6部屋に
3点セットをつけるキャンペーンを実施しました。

 

「●●ホーム自慢の“特別室”!
最新の冷暖房完備、カーテンはセミオーダー、
照明も40点からお気に入りのものがつけられます。
しかもお家賃据え置き!
限定3室です。お急ぎください!」

 

近隣にオリコミ広告をいれたところ、見学・体験入居が2週間で8名。
その後1ヶ月で4人の入居が決まりました。

 

最新式エアコンといっても、狭いワンルームにつけるタイプ。
設置料を入れても、それほど高いものではありません。
セミオーダーカーテン、照明は、業者を選んで安くしてもらいました。
2、3ヶ月空室のままにしておくことを考えれば、
投資額などすぐに回収できます。

 

もう一つポイントがあります。
見学や体験の際、こうした部屋を見せるときにも気をつけて欲しいことです。
たまに見学シーンを再現してもらうと
「こちらが●●号室になります」といって、
ドアを明けてから暗がりの部屋に電気をつける施設がありますが、
こうした施設は最悪です。
お客様が最初に目にするのは、昼間でも薄暗いどんよりとした部屋。
第一印象がこれでは、躊躇するのは当然です。
部屋を見せる前に電気をつけておき、明るい部屋を見せましょう。

 

また、メインライト以外にサブライトを設置して、
他の部屋よりも明度をあげるのも良いかもしれません。
こうした工夫が、売れない部屋を“人気部屋”にするのです。

  • 具体的な内容がお決まりの方はお問い合わせ
  • まずは資料で検討したいという方は資料請求

カテゴリ

  • WEBからのお問い合わせ
  • まずは資料請求
  • 介護セミナースケジュール
  • 介護経営戦略室
  • デイ経営ドットコム
  • 介護人財ドットコム

ページの先頭へ戻る